2014年05月22日

デートが割り勘だと気持ちが冷めるのはおかしいのか?


エキサイト恋愛結婚の婚活相談室にとても興味深い相談がありました。

「デートが割り勘だと好意を感じられない自分はおかしい?」

というもので、

デートで「割り勘」と言う男性がいましたが、その言葉を聞くと、今まで素敵だと思っていた男性でも一気に冷めてしまいます。(その男性が私に気が無いのかと思うとそうでは無いらしく、しかも収入は私の倍以上あったりします)

『女性は外出時にはお金も時間(化粧品や洋服など)もかかるのだから、食事くらい男性がご馳走するのが当たり前』と言う男性と昔からお付き合いしてきたので、私の中ではそれが当たり前になっていたようです。(たまには、私がご馳走する事もありました)

自分がケチだからご馳走して欲しいという訳ではありません。
ただ、ご馳走してくれることが無いと好意を感じられないのです。(金銭だけが愛情じゃ無いとは思ってます)

この価値観はおかしいのかしら?と最近不安です。
この考え方のままでは結婚できないのでしょうか。

という相談。

私と同じタイプの女性だなと思いました。

以前、デートの時の費用の負担について書きましたが、

食事の会計の時に「レシートを見せるような仕草をする」男性

奢ってあげたいと思われない自分を顧みるべし

私はデート費用は男性が。。。と思っているので、割り勘にする男性は気持ちが冷めてしまいます。

ご飯を作る時は私が負担するので、外でのデートは男性がスマートにお支払いしてほしいなと思います。

そんな自分をダメだな、だからダメなのかな、と思っていたのですが、回答を見てちょっと救われたような気がしました。

私の友人も同じタイプの女性で悩んでいました。

とても参考になったので、フル文章で引用させて頂きました。

割り勘か否かというのは、意外と根源的な問題だと思います。
単にお金持ちだからいいとか、おごりでトクしたとかではなく、相手に対するスタンスというか、人間関係の基本姿勢のようなものが現れていると思うのです。

人に対して自分がどう接したいか、女性に対してどうありたいか、という姿勢といってもいいかもしれません。
いつも払ってくれるから男らしいと決めてしまうのは短絡的ですが、こういうサイトに入会してまじめに結婚を考えている男性なら妻子を養おうとする意思が多少でも現れる部分だとも思うのです。

もちろん、経済観念がしっかりしているからこそ常に割り勘、という男性もいるかもしれません。
でも結婚前からそんなに切り詰められては……と、女性はため息をつきたくなってしまうでしょうし、あまりに細かい男性は女性からすると、頼りたい気持ちを殺がれてしまいますよね。

女性がゾッとするのは、「この人ってもしかしてすごくケチでセコイんじゃないかしら?」と思ってしまう時でしょう。
女性は決してお金がない人がイヤなのではありません。
何事でもほんのちょっとでも自分が絶対ソンしないように立ち回ろうとするようなタイプの男性を、女性は本能に近い部分で嫌うのではないでしょうか。


『生産性重視』とは別の部分がないと、女性は生きていけません。
お化粧したり片付けたり、育児のような仕事というのは数字で割り切れるものではなく、もっと人間的なゆとりある世界のもの。
そういう世界に日常的に関わっている女性は、無駄を排することがベストだとは思っていないからこそ、“きっちり割り勘”される男性への嫌悪があるのではないかと、私は思うのですが。

割り勘マナーについては、僭越ながら私の虎の巻でも触れております。
ご一読いただけたらとは思いますが、それはあくまで基本。

あなたが、ご自分の価値観を変えなくてはいけないか?とお考えでいらっしゃることについてですが、あなたが根本的に間違っているとは思いませんし、その部分を大幅に変換することは難しいでしょう。

気になるとしたら、ご馳走してもらわないと好かれていると思えない、という部分。
かつておつきあいされたという、身支度にお金がかかるのだから食事代ぐらい男性が持つべき、とお考えのコンサバな男性なら、そういうこともあるかもしれません。
でも、それは必ずしもそうではないと思いますよ。

例えばあなたの好みの男性がまだ苦学生で、その人とデートすることになれば、あなたは少しでも相手の負担を軽くしてあげたいと思うのではないでしょうか。

あなたご自身がそういう体験をすれば、あっさりと価値観は変えられるものです。あるいは想像してみてください。
でも、価値観を変えようとして、それまでの自分を否定するような気持ちになってはいけません。無理することはないのです。
むしろ、あなたの価値観に自然に合う方との出会いを待つ……という気持ちでいらっしゃればよいと思います。


ただ、その時お金がないかもしれない相手の立場や状況を、あなたがいつもご馳走してもらう側というポジションではなく、ご馳走してもらって嬉しい、という気持ちで迎えられるようにすると少しずつ意識や立ち位置が変わってくるように思います。
あなたにふさわしい方との出会いを心からお祈りしております。
引用先


婚活するなら!!!☆★エキサイト恋愛結婚☆★







にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へにほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
 
posted by セリーナ at 06:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 婚活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。