2014年05月26日

男は「好きでも音信不通にする」驚きの理由3つ

ここのところ、3ヶ月間程会っている男性がいるのですが、1週間前くらいからなんか連絡mail toの頻度も落ちてテンションが下がってきているバッド(下向き矢印)ような雰囲気がメッセージからも漂っているような。。。

週末は割と会っていたのですが、先週末は誘ってこなかったんです。

なんかおかしいなって予感が。。。がく〜(落胆した顔)

私から誘ってみたところ会いましたが、盛り上がらずそろそろ潮時なのかな。。。って気もしてきました。

前会った時は、「私の誕生日をお祝いしたいのであけておいて下さい」って言ってくれて、すっごくうれしかったのに。。。たらーっ(汗)

そのすぐあとに連絡の頻度が落ちたんですよね。

会って3ヶ月で進展がないと結構難しいですよね。。。

嫌われてなかった!? 男は「好きでも音信不通にする」驚きの理由3つ

という記事を読んで、「恋の第一段階」が終わったのかなあ。。。

なんて思ったり。

でも、まだ本格的に付き合っているわけじゃないのに、ここでテンションが下がるのか?!って感じなんですけどねたらーっ(汗)

■1:恋の第一段階が終われば、テンションが一気に下がる
相手を射止めるまでは、あの手この手でアプローチをし、どんなに忙しくても連絡をマメにします。恋の始まりは、お互いに毎日でも会いたいと感じて、メールも一日に何回も送り合います。
しかし、一番燃え上がる時期が過ぎると、通常の仕事や友人との付き合いにまた忙しくなり、音信不通になる。付き合ってしばらくしてから音信不通になった場合は、この可能性が大きいかもしれません。

■2:身内は後回しにする
女性に比べ、男性は自分の身内にマメに連絡をしません。家を出れば、なかなか実家に顔を出さなくなる男性も多いです。信頼関係があるので、身内には安心して手を抜くのです。
付き合いが長くなると、彼女のことも同じく身内とみなし、「後回しにしても大丈夫」と甘えて音信不通になります。

■3:携帯に対するストレス
女性は好きな相手と連絡がとれればとれるほど、恋愛のボルテージが上がるため、自然と携帯の依存度が高くなります。
一方男性は、自分の行動を制限されることや、束縛されることを嫌うため、携帯に対して抵抗をもつ人が多くいます。
「今日は何してるの?」「今だれといるの?」などのメールが日常的にくれば、ストレスはさらにアップ。携帯があることによって常に監視されているような気分になり、連絡手段を断ちたくなって音信不通にする場合もあります。
引用先





にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へにほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ

 
タグ:婚活 恋愛
posted by セリーナ at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。